専門家への相談

遺産相続のことや、相続税に関するシミュレーションのことで相談できる専門家には、法律や税のプロである弁護士や税理士の人たちがうってつけであると言えます。
遺産の分割協議のことや、税金の内容のことなどは素人にはなかなか難しいこと。まして、事前に準備しようと思っている人にとっては、出来ればしっかりと安心したいものです。
いわゆる、「死んでも死にきれない」という感じになるからです。

弁護士は、分割協議や遺言のことについてアドバイスをくれるでしょう。遺言書は、分割協議の場で効力を発揮する意思決定の有力な材料です。
亡くなった人の遺志を尊重するという基本のもとで、日本の民法よりも遺言書のほうが立場が上であることを、その民法の中に記してあります。
しっかりとした書き方を弁護士に学んで、意志を遺す必要があるのです。

控除について

税金には、「控除」という制度があります。字面からもわかるように、税の対象から外れるというものです。
相続税の場合にも、これが当てはまります。知っているのといないのでは、シミュレーションの結果にも影響をあたえることです。

相続税の基本は、「すべての人が対象になっているわけではない」ということです。
財産にはみんな税金が課せられるというわけではないのです。ある一定額以上の相続金額があるとき、そこに課せられるのが税金なのです。
その金額よりも少なければ、税金を支払う必要はないのです。
このことをシミュレーションの中に入れて、考えていく必要があります。

また、控除は金額だけで決まるものでもありません。そのお金を掛ける事柄によっても決まってきます。
例えば、亡くなる人の葬式のための費用は遺産の中から出すことが出来ます。相続税とは関係なく、それは遺産から差し引いて使うことが出来るのです。
葬式を遺産から支払ったので、相続税を支払う義務がなくなるというパターンも考えられるのです。

目録の作成

相続税や分割協議と、さまざまな厄介事が続く遺産相続を、スムーズに進めるためには事前の準備が欠かせません。
相続の現場をシミュレーションし、必要なモノは何かということを見出し、それに合わせて準備をしていく必要があるのです。

例えば、遺産目録を作成しておくというのも良いでしょう。立派な準備の一環です。
遺産目録とは、遺産がどんな内訳になっているのかまとめるもので、これが遺されていれば遺族も相続税の計算などをかなり楽に行うことが出来ます。
スムーズに話を進め、揉めることなくすべてを終えることも出来るようになるのです。

オススメリンク

相続対策をするなら、まず相続税の計算でシミュレーションをすることが一番。必要な税金のことを把握しておけば、納税計画も立てやすいですよ。
相続の相談は目黒にある│みんなの相続相談窓口

アーカイブ

カテゴリー